新規仮想マシンとして起動

 

任意のイメージ ファイルを選択し、新規の仮想マシンを作成して起動することができます。

 

操作手順

 

1.       [ActiveImage Protector のイメージから新規仮想マシンとして起動する]を選択して、[次へ]をクリックします。

 

2.       起動するイメージ ファイルを選択してください。

 

選択したイメージ ファイルが読み込まれると、[ディスクの選択]にディスク マップが表示されます。

 

仮想マシンに含めるディスクを選択したら[次へ]をクリックしてください。

ネットワーク共有フォルダー上のイメージ ファイルを選択した場合は[認証情報の確認]ダイアログが表示されますので、正しい認証情報を入力してください。

 

3.       起動する仮想マシンの設定をします。

ハイパーバイザーの選択

使用するハイパーバイザーを選択してください。

仮想マシンの設定

作成する仮想マシンの設定をしてください。以下の設定が可能です。

·        仮想マシン名

·        CPU

·        メモリ

·        ネットワーク アダプター

o       Hyper-V 以外の製品を選択した場合、[NAT][ブリッジ][なし]から選択できます。

o       Hyper-V を選択した場合、[追加]を選択しても仮想スイッチは自動的に指定されません。仮想マシン作成後、任意の仮想スイッチを指定してください。

·        継続利用の有無

o       この仮想マシンを継続利用する場合は[この仮想マシンを継続利用する]オプションを有効にしてください。このオプションを無効にして作成した仮想マシンは、シャットダウン後に自動的に削除されますのでご注意ください。

仮想マシンの起動

[起動]をクリックするとすぐに仮想マシンの起動が始まります。仮想マシンをシャットダウンすると、ハイパーバイザーから起動した仮想マシンは削除されます。

[後で起動]をクリックすると仮想マシン リストにこの仮想マシンが追加され、任意のタイミングで起動することができます。起動方法はこちらを参照してください。

起動後の状態を反映したイメージ セットを ActiveImage Protector で操作する場合

継続利用オプションの有無に関わらず、起動した仮想マシンをシャットダウンすると起動後に適用された変更は現在点のイメージ ファイルとして以下のように差分イメージ ファイル(*.AIX)として保存されます。

例:<インストール フォルダー>\VMAIXFile\<起動元のイメージ ファイル名>_x00001.aix

 

現在点のイメージ ファイルを起動時に指定したイメージ ファイルの保存先に移動、またはコピーすることで操作が可能になります。

差分イメージ ファイル(*.AIX)の保存場所はコンソールの[設定]から変更することができます。

 

 

注意事項

·        ホスト システムに構成されているハードディスクとディスク署名の競合が発生するディスクを含むイメージは使用できません。
既に起動している仮想マシンに使用しているイメージ ファイルに含まれるディスクも、ディスク署名の競合が発生するディスクです。

·        増分イメージ ファイル(*.aii)から起動した場合、変更が保存された差分イメージ ファイルを使用するためには、起点にした増分イメージ ファイルまでのイメージ セットが必要になります。

·        差分イメージ ファイル(*.AIX)を使用して仮想マシンを起動した場合は、起動後の変更は保存先のファイルに上書きされます。

·        [この仮想マシンを継続利用する]を無効にして[後で起動]を選択した場合、仮想マシンの起動後はリストから削除されます。

·        ハイパーバイザーの選択/仮想マシンの設定ページで[設定]から差分イメージ ファイルの保存場所を変更しても、現在選択中のイメージから仮想マシンを起動した際に作成される差分イメージ ファイルは設定変更前のパスに作成されます。

·        md イメージから起動する場合、バックアップ元ホストの SAN ポリシーがオフライン(オフライン共有)に設定されていると、起動した仮想マシンでシステム以外のディスクがオフラインとして認識されます。