リモート管理用 Windows コンソールのセットアップ

 

リモート管理用 ActiveImage コンソールを使用することで、Windows OS から Linux サーバー上に構成された ActiveImage Protector を操作することができます。

※2018Update7 は、2018Update5 以降のエージェントにのみ接続可能です。2018Update 以前のエージェントへのリモート接続は未サポートです。

 

設定手順

 

1.       製品メディアを Windows マシンのメディア ドライブに挿入し、Setup フォルダーにある "Setup.exe" をダブルクリックします。

2.       ウィザードに従ってインストールを行います。

3.       インストール終了後、ActiveImage コンソールを起動すると以下のような画面が表示されます。

 

4.       左上の接続ステータスをクリックしてプルダウン メニューを表示し、[新しいリモート ホストへ接続]を選択します。

 

5.       [リモート ホストへの接続]ダイアログが表示されます。任意の Linux サーバーをリストから選択するか、IP アドレスを直接入力して接続先を指定し、接続対象のコンピューターの root アカウントを入力して[接続]をクリックします。

 

6.       接続が成功すると、トップ ステータス バーなどの色が青から緑に変化します。

 

7.       リモート コンピューターへの接続を切断するには、[接続中のホストから切断]を選択してください。